人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本の悪習、「回覧板」。

回覧板のシステムは悪くない。

問題はこの世界中の人と一瞬でメール・SNSでやり取りできる時代になぜスケッチブックほどの
巨大な板を受け渡す必要があるのか?という事。

なぜメールではダメなのだろうか?
なぜ紙なのだろうか?

●メールである事の利点

無くさない。
雨の日、濡れない。
汚さない。
物理的に受け渡ししなくていい。
いつでも読める。
保存できる。
添付する冊子、チラシ類はPDFでハイパーリンクさせておけばいいだけ。自宅に保管し嵩張らない。
それで紙(資源)を消費しない。
巨大な高画質の画像や動画、音声ファイルまでリンクできる。
発信側はいつでもリアルタイムでアップデート(修正連絡)できる。

オマケ・・・最終段落の箇所で回覧板にあるサインのようにクリック(閲覧完了)をしてもらうようにする。
これを長い期間滞ると病気や事故など「何かあったか?」と思われ発信側が察知できる。


●メールである事の弱点

高齢者が使えない。

・・・・それだけである。
高齢者へは高齢者宅のみメール対象者にせず回覧板にすればいい。
何の問題もない。

この時代、よその自治区はメールの場所もあるかもしれない。
ウチはいまだにこのクソでかい回覧板をいちいち外に出て隣家に置いてくる。

一体、何時代だろうか?

こんなの2018年にもなって、まだやっているのは先進国で日本だけではないだろうか?

by vandoramoon9001 | 2018-11-30 14:36 | 苦情

死ぬ前に話したい。世の中についての疑問、苦言、助言、思いつき・・・その他もろもろ気になった事


by vandoramoon9001