人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スポーツが嫌い。

スポーツが嫌いだ。観戦する事はたまにある。

断っておくがスポーツをしている人を非難しない。認める。
嫌いなのは強制的にさせられた学校教育などでのことだ。
そして集団主義の同じ事をしろ的発想の日本の文化だ。

ムリやり走らせられる。
ムリやりテストさせられる。
ムリやり対抗試合させられる。
辛い、苦しい、叱られる。
鉄棒、跳び箱、運動会、体育祭・・・地獄の時間だった。
まるで運動能力で平均が正しい・普通だと勘違いしているバカ教師どもである。
大人ですら運動神経はバラバラなのに未成年の子ならさらに違うに決まっている。
それをおかしい・間違いだとして強制的に指導する。

サッカーを強制的にさせられ、負けると泣く熱血バカ少年とかもいた。
メンバーを叱責しながらの号泣。
泣く意味がわからない。
泣かれた方は驚き、呆然とする。
恐らくみなさん小学校の時の記憶にあると思う。そういう子がいたことを。
これがサッカークラブやサークル、部活に所属しているのなら泣くのはわかる。悔しいだろう。
ただ、これは適当に選抜された
「練習したことすらない」
「ロクにルールすら知らない」
ド素人集団であるただのクラス内での試合なのだ。
だから失笑してしまうのだ。
初めてプレイしたボードゲームで負けて泣くようなものだ。
何も目指していない。
何も目標がない。
何もルールを知らされていない。
なのに「チームを叱る」・・・。ワケがわからない。

まぁ、それだけサッカーが大好きで自分の事しか目に入らないおめでたい子なのでしょう。

野球の応援とか見ていると以下に集団主義なのかよくわかる。
選手同士の会話(声での合図)すらできないほどの絶叫・鳴り物をする国だ。

静かに観戦する者を「愛情が無いやつだ!」と叱る・認めない国のような気がする。
そんなファンは少ないとは思うが、タイコ叩いたり、絶叫したり、選手を叱責しているファンを
見るとサッカーで負けて泣いていたあの子の事を思い出すのだ。

愛は人を盲目にする。

by vandoramoon9001 | 2018-12-02 07:00 | 不快

死ぬ前に話したい。世の中についての疑問、苦言、助言、思いつき・・・その他もろもろ気になった事


by vandoramoon9001