人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自転車。なぜ26、27インチが普通なのか?

自転車をフラフラになって乗っている小柄な高齢者がいる。
危なっかしい。
乗っているのは高校生、大学生、社会人が乗るような26インチ、27インチサイズの
自転車だ。
足が届かない。重い。
フラフラして当たり前だろう・・・。
メディアなど単に「危ない高齢者」「危ない自転車」とバカ騒ぎする。
常にマスコミは違う視線で非難し、騒ぐだけだ。

高校生ですらなぜみんな26か27インチにさせるのか?
急に止まれず危なっかしい女子高生も見かける。
なぜボクシングをする子から小犬の散歩で引っ張られる子まで体力の差がある学生なのに
みんなあの26か27という大きな自転車を勧めるのだろうか?
足・腕の長さも体重も筋力もみんな同じだというのか?

自転車事故の何割かの原因はこの操縦のムズかしさではないのか?
ゲームのコントローラーですら慣れていないものでは使い物にならないではないか?

なぜこの問題を取り上げないのだろうか?
確かに自転車メーカーも高齢者向けに作っている。
これがまたダサいのだ。デコチャリを連想させる。

「シニア向けサイクル cogelu (こげーる)」などだ。

背もたれとか、誰が喜ぶのか子供じみた余計なロゴとか・・・。

カラーはワインレッドのみ。高齢者にはこれで十分だろう発想。

名称も「ジジイ、ババアにはこれがお似合いだ」といわんばかりだ。
日本人の命名のヘタクソさには呆れる。
さすが子供の名前にゲームやアニメのキャラまんま付ける国である。
適当・いい加減が良く似合う。

乗りたくないのは買いたくないのだ。
まだソレに気が付かない。
あと、かならずシニアとかで分けるね?なんで?
二十歳でも高齢者のように体力のない人もいる。大きな自転車に乗りたくない人もいる。
シニア用に興味ある人もいる。
そういう人も一緒に選択できるような物になぜしない?
なぜ老人はこれ、若者はこれと分ける?差別する?
デザインなどカッコイイ車椅子があるなら健常者だって乗ってみたくなるじゃないか!?
日本は仕切る。分ける。差別する国である。
色、デザイン、名称で。
文房具からランドセル、自転車まで。

工場において社員全員にドブネズミ色のツナギ、作業着を着せる国ならではだ。
小学生のころ、コカ・コーラの自販機補充&トラックのドライバーをしていた人を見て
驚いたことがあった。
真っ黒で赤いロゴのツナギ。
何てかっこいいんだと思った。
これがアメリカ人の発想なのだ。
「仕事でも、せっかく使うものもカッコ良く。それでなきゃ、毎日つまらないじゃないか!?」
作業をしているお兄さんからそんな言葉が聞こえる感じがした。

日本では相変わらずブルーかドブネズミ色の作業着だ。
・・・・・悲しくなる。
どうした?江戸時代の粋なあの職人姿は?作業着は?
それぞれ商売で異なるデザイン、色使い・・・なぜあれを忘れた?

バンダイのプラモデル工場?あれもみーんな同じ安っぽい原色での連邦軍の制服。
ダサ・・・。
盲目的なオタク的か古臭いオヤジ的発想しかできない国。

by vandoramoon9001 | 2018-12-02 08:00 | 不満

死ぬ前に話したい。世の中についての疑問、苦言、助言、思いつき・・・その他もろもろ気になった事


by vandoramoon9001