人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ダサい日本の商品デザイン。

高級車は作れるが、フェラーリは作れない。
高級時計は作れるが、パティック・フィリップは作れない。
高品質な物は作れるが使って楽しい物が作れない。
それが日本製(日本メーカー製)である。


だから素材でしか競走できない。
飛行機なら機体の材料、スマホなら半導体・液晶部。
精度が高く交差の少ない高品質のネジなど。
それを供給しているだけ。
ブランド力がない。
結局は地道な職人集団なのだ。
技術はあるがセンスがない。

レクサスのセンスないCMにも悲しくなる。高級ブランドだろ?
なのに一貫性がない。
ただキバツな絵。
何がしたいのか?何を売りたいのかわからない。
「どうだ?カッコイイだろ?他と違うだろ?」だけを主張しているだけ。
日本のCMは商品の説明をロクにしない物だらけだ。
お笑い芸人だしたり、コントチックにしたり。
日清食品の名作アニメをバカにして笑いとってるヒドさとか。
家庭教師のトライも同じ。
どっかの下落しているテレビ局と同じ。
ウケればいいという稚拙な発想。

そんなにウケたければ「火垂るの墓」を元ネタに使ったら?
(まぁ、許可は取れないでしょうが)

日本の某時計のトップメーカーで一流の職人が作ったという超高級時計というのを見て
悲しくなった事がある。
とんでもなく分厚くてデカかった・・・・・。
まるでマンジュウか特撮ヒーローのアイテムなのだ。
その厚さ・・・一体、誰がつけるのか?
もうプロレスラー用という感じだった。
それとも職人やメーカーで働く会社員の優越感を得るためのオブジェなのか?

超高級時計とは小さい箱に驚愕する技術の詰った機械である。
大きかったら他の国でも作れる。そしてモノマネではない。
ゴテゴテの装飾品ではない。それはただのアクセサリーだ。

その時計の「日本人でもスイス時計に負けじとがんばってみました」感が悲しかった。

所詮は車も時計も西洋に追いつけないというがまざまざと知った日だった。
あちらは長々と馬車の文化があるので歩車分離がしっかりしている。
車の乗り心地の違いはそこだ。
イスの文化と畳みにあぐらかいていた文化の違い。

日本は児童の通学路に歩道が無い国なのだ。
だからたまに児童の列に車が突っ込んで死傷者が出るのだ。

狭いから分離できない。
それなのにアホみたいに「学童に注意!」「飛び出し危険!」看板だらけ。
それが邪魔で危ないんですが・・・。それに気が付かない連中はバカなのか?
まぁ、その制作側との癒着でウハウハなんでしょうが・・・。

つくづく貧乏くさい国である。

by vandoramoon9001 | 2018-12-19 08:00 | 忠告

死ぬ前に話したい。世の中についての疑問、苦言、助言、思いつき・・・その他もろもろ気になった事


by vandoramoon9001