人気ブログランキング | 話題のタグを見る

卒業(降板)番組で泣く日本人。

番組降板するタレント、アナウンサーを「卒業」という言い方に変え、
それをわざわざ時間かけて放送する異常な日本のメディア。

一般企業として販売店の社員が退職するときわざわざ店頭で
「私は今日で辞めます。長い間、ありがとうございました」
と、宣伝するかのように挨拶するのか?

昔はこんなシーンはなかった。
いきなり次週(次回)から消えるか、番組最後に軽く挨拶するだけだ。

日本人はどんどん幼稚になっていく。
未熟なのだ。
バカげたゆるキャラ宣伝必死の役所とか。

早い話、ろくにコンテンツが無いからこのような重箱の隅をつつくような
セコい番組にする。
ネタがない。
いなくなるタレント、アナウンサーを最後の最後まで
絞りまくり、エキスを抽出するような感じだ。


しかも泣くのが40代、50代のオッサン、オバサンなのだ。
子供のタレントが泣くのならまだわかるが・・・。気持ち悪い・・・。

そしてお決まりの
「泣け!泣け!視聴率アップのためだ!」
のカメラズームアップ。


アナウンサーが目を潤ましたり、泣くのもワケがわからない。
NHKもそれをするのだ。
そのアナは次回から普通に別の番組を担うのだ。
「お前なぁ・・・プロじゃないの?1つの仕事終ったら別の仕事するのが普通だろ?」
と言いたい。

どんだけメソメソした人種なのだろうか?

外国人が来てちょっと泊まって仲良くなっただけで別れの時にもう号泣。
(気持ちが悪い、日本賞賛番組にて)

エセチャリティ番組よろしく、
金儲けのためなら手段を選ばない。
それが日本のメディアである。



by vandoramoon9001 | 2018-12-22 12:00 | 苦情

死ぬ前に話したい。世の中についての疑問、苦言、助言、思いつき・・・その他もろもろ気になった事


by vandoramoon9001