人気ブログランキング | 話題のタグを見る

食品の色素 消費者がバカだから企業は色を付ける。

あらゆる物にタール色素が入っている。

砂糖も大量摂取すれば糖尿病の原因にもなりかねないし
塩も取り過ぎれば毒だし、水道水にも殺菌処理の薬品が使われている。

販売されている飲料・食品でも同じように適量を取れば
問題ないと言えば問題ないのだろう。

ただ、気分は悪い。
気は病から。病は気から、だ。

無いに越したことはない。

色素添加物は不要だと書くと
「色味は大事だ。じゃ、カレーが青だったら食うのか?」
と言う人がいる。

話が変わる。
青になどしなくてもそのままの色でいいのに。
青にする必要はない。
なぜ極端な話にするのか?
自宅でカレーの元となる食材で調理しても絶対に青にならない。

サイダーが良い例だ。
三ツ矢サイダーシリーズは色素を無くした物がある。
クリアな色でぶどうやグレープフルーツ味のサイダーを販売している。
色々飲んだがまったく気にならない。
むしろ、タール色素無しだから気にせず飲めて清清しい。
気分が良い。


コーラだっていらないだろう?
コーラになぜカラメル色素が必要なのか?
コーラのレシピが分からないので完成形の色がわからないが、水のようなクリアな透明の
コーラでも良い。
別に色を楽しむワインや高級ブランデーのように飲む時にイチイチ中身を見て飲むものでもない。
何かを食べながら、スポーツを観戦しながら・・・など中身を見ず飲むので色などどうでもいい。
味だけが重要だ。


福神漬けだってタール色素で染色した赤が多くあるが、染色していないそのままの
オレンジ色の物もある。
そっちで良い。

あとは慣れだ。
もしも自然のコメが赤かったとして、今、白いご飯を見たらなんて気持ち悪いんだ!と
みんな思うだろう。

カレーだってグリーンカレーもあるし、パスタもイカ墨で真っ黒のモノもある。
最初はビックリするが慣れればそれが普通になる。

だから着色(色素)は不要なのだ。

セッケンもうがい薬(マウスウォッシュ)も色素だらけ。
薬に発ガン性(の疑いがある)物質を入れるってどういう神経なのだろうか?

消費者がバカだからよりハデな色の食品を買い、染めない本来の品を買わないから
このような結果となる。


自分で自分の首を絞めている。
人間はバカである。

「飛び出し注意!」
狭い交通事情なのにその看板が
通行人にとって邪魔なのと同じ。
バカな国・・・・・。

by vandoramoon9001 | 2019-04-09 07:00 | 怒り

死ぬ前に話したい。世の中についての疑問、苦言、助言、思いつき・・・その他もろもろ気になった事


by vandoramoon9001