人気ブログランキング | 話題のタグを見る

長寿依存症の日本人。「長生き=幸せ」・・・ではない。

先日の「おせっかい」に続く話だが、日本人はとにかく長寿好きだ。
長生きすれば幸せだという異様なDNAを刻まされる。

国(政治)、放送メディア(テレビ、ラジオ)、新聞、雑誌、書籍、教育・・・・。
だから莫大な医療費が膨らみ、それが国の借金となる。

病院で末期になろうと、枯れて死ぬのが普通なのに
ジャブジャブと点滴地獄にする。
死ななければ病院、医療機器メーカー、製薬会社、介護事業者らはそれで儲かる。
一方で家族への負担(肉体的、精神的、経済的)は増し、肝心な患者は手足がむくみ
肺に水が溜まり苦痛に悩まされ最後の最後まで薬漬けにされ病院で死んでいく。
なので病院で亡くなる人はふっくらして水ぶくれ(むくんで)で死ぬ。

患者の家族も点滴神話、点滴依存なのでそれが当たり前だという思考だ。

長寿依存、点滴依存、延命依存、病院依存、寺依存、
坊主依存、お経依存、戒名依存、墓依存のアホな日本人。


自分が死んだ後の事まで必死。

NHKも必死に「終活」をひたすら唱える。
死んだ後、家族らに迷惑かけるんじゃねーよ!と。
赤の他人の家族にまで思想を押し付けるおせっかいぶり。
人がどう生きて死のうが自由だろうが!
なんでメディアに洗脳されなきゃいけないの?

自分が言っている長寿批判は国民すべてが長寿こそ最高だという事ではない
という事だ。
そして点滴、薬漬けは末期の患者にとって苦痛を受けながら死ぬんだよ、
という事を言いたい。
長寿という事は高齢なので皆、どこか病気や痛みがある人が普通だ。
その苦痛度合いから言って、中には早く死を迎え入れたい人もいるのだ。
自分も(今、高齢ではないが)そうだ。
別に長生きなどしたくない。

メディアは高齢者が出ると目じりを垂れ、
「おいくつですかぁ!?」
「おじーちゃん!」「おばーちゃん!」「元気ですねぇ!」
「これからもお元気でね!」
「ずっと長生きしてくださいよ!」
と決まった捨て台詞を吐く。

まるで長寿が間違いないというわざとらしい場面だ。
あれを見るとうんざりする。

80超えたら死ぬのが普通だ。
90、100になってクソ・ションベン、食事を世話してもらいながらニコニコ生活し
生きるなど自分には考えられない。

死ぬときは草木やネコのように一人でそっと死にたい。
周りに家族だの友人、知人など居て欲しくない。

見世物ではないのだ。

生物は死ぬのが当たり前だ。
死ぬという事をもっと簡素に、質素に、素直に迎い入れる。
こういう事こそ学校で学ばすべきだが宗教的かつ日本の保守的な文化
ではムリなのだろう。

まぁ、そのうち学校はなくなりすべてネットで学習できる時代になりますから
バカげた医療行為もどんどん減り、みんな死を軽く受け入れ、簡素に、墓などなしで
安く簡単に送ることに向かいますから自分が書かなくてもいいんですけどね。

いまのところ、自分の事は自分でする自由・責任がない国だから。
この国は大人が見るものに「モザイク」ですから。

じゃぁ、親が子の体洗う時にその子の裸をみたら犯罪なのか?
姪っ子、甥っ子と一緒にお風呂入る時には目隠しするか、子供に水着着せるのか?

バカか?日本の法律、政治は。

それに有害図書って何?
害を作ってる者から税金取って「お前らの作っているのは害だ!」
って言っているのってスゲーな、と思う。
カネ取っておいて害扱いですよ?
恐ろしいね・・・・。
「成人向け書籍」でいいでしょ?
日本人ってイチイチ人を言葉で叩くね。
「ボッチ」だの「一人何とか」だの「***女子」「***男子」「**メン」とか。
他人の生き方まで詮索する日本人。
集団主義。
さすが、差別大国ニッポン。


by vandoramoon9001 | 2019-05-27 07:00 | 苦言

死ぬ前に話したい。世の中についての疑問、苦言、助言、思いつき・・・その他もろもろ気になった事


by vandoramoon9001