人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【ダイハツ不正問題謝罪会見】「・・・と指摘されても仕方がない」と言う、日本人のいやらしい回避思考。

大規模な不正が発覚したダイハツ工業は記者会見を開き謝罪。
「認証を軽視していると指摘されてもしかたがない不正が行われている」
と、ダイハツ工業の社長の言葉。
____________2023.12


「・・・と指摘されても仕方がない」」
「・・・と思われても仕方がない」
「・・・であると疑われてもおかしくない」
など、少しでも自分らは間違っていない。
どう思われるかはそっちの都合だ、的な。
企業の社長、会長や政治家による多くの謝罪会見で見られるこれらの
いやらしい日本人の言葉使い。


何なんだろうか?この気持ちの悪い、突っかかる言葉は。
「おかしいと思うのはそちらの考えだ」みたいな。
わずかでも罪を払拭しようと必死というのか。

ダイハツのこの問題では明らかに認証を軽視しているわけだ。
重要視していたら不正などしないだろう。
軽視していたからこそ何十年も誰もリークせず続いていた。
だから第三者の思いや指摘する・しないなど関係ないのだ。

悪いのは悪い。その悪いのはダイハツであるから。
預かってる客の車に意図的にゴルフボールでキズを付け保険料を不当請求する企業があるなら、それに対して社長が
「客に対して失礼な事と思われても仕方がない」など言わないだろ?
「100%悪い。弁解の余地なし。
すみませんでした!」でしょ?

それなのにこの不思議な言葉使いをするダイハツの社長。

「・・・・させていただきます」のウザい言葉とか良く使う日本人。
自分で使ってて気持ち悪くないのか?
被害者が加害者に対して「損害が生じた分を請求させていただきます」とか。
なぜヘコヘコするのか?
堂々と「請求します」でいいのに。
犯罪者に対しても尊敬というか、敬うというか、敬語を使ったり。
いつから日本人はこんな異様な人種になったのか?

まったく妙な言葉が氾濫している。
不思議な日本だ。


by vandoramoon9001 | 2023-12-22 00:00 | 不快

死ぬ前に話したい。世の中についての疑問、苦言、助言、思いつき・・・その他もろもろ気になった事


by vandoramoon9001